音響

各種イベントへ音響技術者派遣や、音響機材レンタル、販売・音響プランニングなど、音響に関わる業務全般を受け賜ります。

照明

各種イベントへ照明技術者派遣や、照明機材レンタル、販売・照明プランニングなど、照明に関わる業務を受け賜ります。

業務委託管理(常駐)

ホテルや会館へ舞台音響・舞台照明スタッフが常駐し、披露宴や結婚式、講演、企業イベント、セレモニー、発表会などホテル・劇場内の裏方にベストを尽くしております。

拡声装置

健全な補強システムが組み合わせたものですマイク、シグナル·プロセッサー、アンプ、そしてスピーカーライブまたは録音済みの音が大きくなり、また、より大きなまたはより遠くの観客にこれらのサウンドを頒布することができます[ 1 ] [ 2 ]の一部の状況では、サウンド強化システムも単にソースが変更されずに増幅するとは対照的に、ステージ上のソースの音質を改善するために使用されます。拡声装置は、マイクロホン、複雑な数百人を含めて、非常に複雑であるかもしれませんオーディオミキシングおよび信号処理システムでは、数万ワットのすべてのオーディオエンジニアや技術者のチームが監督の増幅、および複数のスピーカアレイ、。一方、健全な補強システムが小さいように簡単になりますパブリックアドレスで(PA)システム喫茶店スピーカーに接続された単一のマイクから成る。両方の場合において、これらのシステムは、強化が大きく作るか、または広い聴衆に配布するサウンドを。[ 3 ]

いくつかのオーディオエンジニアで、他のプロフェッショナル·オーディオ業界では、これらのオーディオシステムが健全な補強(SR)システムやPAシステムと呼ばれるべきであるかどうかで意見が合わない。他の人が(例、SRシステムの利用にあたっては、使用目的によって区別しながら技術や能力によって二つの用語を区別するのが一般的であるライブイベントのサポートやPAシステムの建物や機関でのスピーチや録音された音楽の再生用です)。用語は、多くのプロのサークルで相互に交換可能と見なされても一部の地域や市場では、2つの用語の区別は重要である。[ 4 ]

中身  [ 非表示 ] 

1 基本的な考え方

1.1 シグナル·パス

2 システムのコンポーネント

2.1 入力トランスデューサ

2.2 ミキシングコンソール

2.3 シグナルプロセッサー

2.4 デジタル·シグナル·プロセッサ

2.4.1 イコライザ

2.4.2 コンプレッサー

2.4.3 ノイズゲート

2.4.4 効果

2.5 パワー·アンプ

2.6 出力トランスデューサ

2.6.1 メインスピーカー

2.6.2 モニター·スピーカー

2.6.3 インイヤーモニター

3 アプリケーション

3.1 レンタルシステム

3.2 ライブミュージッククラブ

3.3 教会音

3.4 ツーリングシステム

3.5 ライブシアター

3.6 クラシック音楽とオペラ

3.7 講義室、会議室

3.8 スポーツサウンドシステム

4 セットアップとテスト

4.1 システムテスト

5 も参照してください。

6 参考資料

7 さらに読む

7.1 書籍

7.2 論文

音響 照明 舞台・ 基本的な考え方

基本的なSRシステム

典型的なSRシステムの構成は、入力トランスデューサの電気信号に音のエネルギーに変換する(例えば、マイク)、信号プロセッサ、信号特性も変更したり、アンプ、そうでなければ、その内容を変えることなく、信号に電源を追加して、出力トランスデューサを(例えば、スピーカー)、音のエネルギーに戻って信号を変換している。これらの主要な部分は、個々の成分の様々な量を伴う[ 5 ]強化し、観客、出演者、または他の個人に音を明らかにすることを望んでいた目標を達成するために。

音響 照明 舞台・ 信号経路

大判システムで健全な補強は通常、楽器で始まる信号経路が含まピックアップやマイクに接続されている(トランスデューサ)マルチコア·ケーブル(しばしば"蛇"と呼ばれる)。ヘビは、2つの入力のすべての信号ルーティング·ミキシング·コンソールの家の前(FOH)は、メインミックスと、ステージ側のモニターミックスを:。信号は、コンソール上のチャンネルになると、この信号はできイコライズ、圧縮された、またはパンニングにルーティングされる前に出力バス。信号も出力し、外部エフェクト·プロセッサーへとルーティングされる可能性がありぬれた典型的で様々な量で混合された信号の信号(エフェクト)バージョン乾燥(ineffected)信号を入力してください。

信号はその後、またミックスグループ、サブグループまたは単に"グループ"として知られているバスにルーティングされます。信号のグループは、エンジニアが一度に複数の関連する信号のレベルを制御できるようにするためにメインバスに送られる前に、追加のバスを経由してルーティングすることができる。例えば、ドラム·セットの異なるマイクのすべてが全体ドラムセットの音のボリュームが1つのフェーダーやフェーダーのペアを使用して制御することができるように、独自のバスに送信される可能性があります[ 6 ]バスは頻繁にすることができますエンジニアは一度信号のグループ全体を処理できるように、単に個々の入力チャンネルと同じように処理。信号はその後、通常はコンソール上のステレオマスターへの他のすべてにルーティングされます。ミキシングコンソールはまたとも呼ばれる追加のセンド、持ってAUXES異なるミックスを作成し、他の場所に送ることができるように、各入力チャンネルには、。

信号経路の次のステップは、一般的な場所にシステムのサイズによって異なります。小規模なシステムでは、メイン出力は、多くの場合、追加に送信されますイコライザに直接、またはパワーアンプ、そのアンプに接続された一つ以上のスピーカ(通常は2)と、。大型システムでは、信号は、通常、最初に次にイコライザーを介してルーティングされますクロスオーバー。クロスオーバーは、低中、高周波信号に対して別々のアンプとスピーカーのエンクロージャーに送信される各バンドを使用して複数の周波数帯に信号を分割します。低周波音がに送信されサブウーファー、および中間および高周波数の音は一般的にフルレンジに送信されますスピーカーキャビネット。

音響 照明 舞台・ システムのコンポーネント

音響 照明 舞台・ の入力トランスデューサ

入力多くのタイプのトランスデューサはと、健全な補強システムで見つけることができるマイクは、最も一般的に使用される入力デバイスである。彼らは伝達、ピックアップ(または極性)パターンまたはそれらの機能、アプリケーションの彼らの方法に応じて分類することができる。健全な補強に使用されるほとんどのマイクは、動的またはアールコンデンサーマイク。

健全な補強のために使用されるマイクが配置され、ベース加重直立し、表彰台のマウント、タイクリップ、機器のマウント、およびヘッドセットのマウントなどの多くの方法でマウントされます。ヘッドセットが装着され、タイクリップマウントマイクはしばしば演奏やスピーカーが自由に移動できるようにするために無線伝送で使用されます。ヘッドセットの早期導入にはマイク技術がカントリー歌手の付属マウントガース·ブルックス、[ 7 ] ケイト·ブッシュ、そしてマドンナを。[ 8 ]

入力エレキギターやエレクトリックベース音に用いられる磁気ピックアップを含め、時折使用されるかもしれませんトランスデューサ、他の多くの種類がありますコンタクト·マイクの弦楽器に使用され、ピアノや蓄音機レコードプレーヤーで使用されるピックアップは(カートリッジ)。ワイヤレス技術は、通常エレキギター、ベース、ハンドマイクに使用され、健全な補強に人気となっている。これは、演奏者がつまずいたり、ケーブルを抜くのを心配することなく、ショーの間、ステージを動き回ることができます。

ヤマハPM4000と屋外コンサートでハウス位置の前面にミダス遺産3000ミキシングコンソール。

音響 照明 舞台・ ミキシングコンソール

ミキシング·コンソールは、拡声装置の心臓部である。オペレータは、ミックスイコライズと音源にエフェクトを追加することができる場所です。複数のコンソールは、単一のSRシステム内のさまざまなアプリケーションに使用することができます。オペレータはステージ上でのアクションを見て、スピーカーシステムの出力を聞くことができますどこハウス(FOH)はミキシングコンソールの前面には、配置しなければなりません。そのような宗教的な施設や劇場など恒久的にインストールされたシステムといくつかの会場では、同封のブース内でミキシングコンソールを配置しますが、このアプローチでは、ブロードキャストおよび記録アプリケーションのための、より一般的です。彼らは聴衆が聞くことを聞くことができたときに、エンジニアが最高のパフォーマンスを発揮するので、これははるかに少ない一般的なライブ音場再現である。[ 参照は必要とした ]

大量の音楽制作は、多くの場合、出演者のステージ上またはインイヤーモニター用のミックスを作成することに専念している別のステージモニターミキシング·コンソールを使用しています。これらのコンソールは一般にオペレータがステージ上で出演者と通信できるように、ステージの側面に配置されている。[ 9 ]パフォーマーがステージ近くのモニターエンジニアを持っていない会場でプレイしている例では、モニターは混合聴衆の中やホールの奥に位置していますFOHコンソールからのFOHエンジニアによって行われます。パフォーマーがモニターに変更を要求しなければならなくなるので、この配置は問題となる可能性がありますと"...手信号と巧妙な謎めいたフレーズを"混ぜ。エンジニアはまた、多くの場合、ミックスの質の減少で、その結果、彼はステージ上のモニターに適用される変更内容を聞くことはできません。[ 10 ]

音響 照明 舞台・ シグナルプロセッサー

音響 照明 舞台・ デジタル·シグナル·プロセッサ

このようなバーやクラブなどの会場用の小規模なPAシステムが以前フィードバック防止回路、電子的感覚なデジタルリバーブエフェクト、グラフィックイコライザー、そして、いくつかのモデルのように、プロレベルの設備、でのみ利用可能であった機能で利用可能になりましたし、フィードバックを防ぐ彼らが問題になる前に "遠吠え"。デジタルエフェクトユニットは、複数の事前に設定し、変数リバーブ、エコーと関連する効果を提供することがあります。デジタルスピーカーマネジメントシステムは、リミッティング、クロスオーバー機能、EQフィルタ、圧縮、単一のラックマウント可能なユニットで別の機能をサウンドエンジニアデジタル遅延を提供します。数十年前では、サウンドエンジニアは、通常、これらのタスクを達成するために、ラックマウント型アナログデバイスの実質的な数を輸送しなければならなかった。

音響 照明 舞台・ イコライザ

イコライザーはグラフィックとパラメトリック:2つの形式でサウンド強化システムに存在します。ハイパス(ローカット)および/ ​​またはローパス(ハイカット)フィルターが含まれていてもよい。パラメトリックイコライザがしばしばミキシング·コンソール内の各チャンネルに組み込まれており、別々のユニットとしても使用可能です。パラメトリックイコライザーは1970年代に人気となり、それ以来多くのエンジニアのための選択のプログラムイコライザーで推移している。

グラフィックイコライザーは、一緒に周波数応答曲線はグラフ上にプロットされた似ているフェーダー(スライドコントロール)を持っています。サウンド強化システムは、典型的には三分の一にグラフィックイコライザーを使用オクターブ周波数センター。これらは、通常、メインスピーカーシステムやステージ上のモニターに行くの出力信号をイコライズするために使用されます。

ハイパス(ローカット)とローパス(ハイカット)フィルターは、指定されたチャネルの制限帯域幅の極端な例を。非常に低い周波数のエネルギー(と呼ばれるカットする超低周波、または亜音速、誤称)は、音が鳴らない、しかもスピーカーでは難しいことができているアンプの電源の無駄を削減。カットするローパスフィルタの超音波エネルギーは、無線周波数、照明制御、またはパワーアンプに忍び寄るデジタル回路からの干渉を防ぐのに便利です。このようなフィルタは、多くの場合、周波数範囲の完全な制御を与えるために、グラフィックとパラメトリックイコライザーに含まれています。彼らの反応は、エンドカットフィルタなど急なことに、ハイパスフィルタとローパスフィルタ関数の場合[ 明確化に必要 ]。フィードバックサプレッサーは自動的に調整されたバンドリジェクトかノッチフィルタ含むマイクロプロセッサの発症を検出するためのフィードバックを、右の問題のある周波数でのゲインを下げることによって、フィードバックを抑制するフィルタを指示する。

音響 照明 舞台・ コンプレッサー

コンプレッサーは、オーディオ信号のダ ​​イナミックレンジを管理するために設計されています。コンプレッサーは、定義された量(比)で定義されたレベル(しきい値)を超えている信号の利得を減少させることによってこれを実現しています。このゲインリダクション、取得した信号は、入力として10%大きく言うことなく、出力の10%大きくなります。ゲインが減少して、入力用で10%大きくなる信号が出力で多分3パーセント大きくなります。1:利用可能なほとんどのコンプレッサーは∞までのいくつかのことができる設定で、オペレータは1:1と20:1の間で一般的に範囲内の比率を選択することができるように設計されています。無限の比が圧縮機は、通常、と呼ばれているリミッター。デバイスの最終的な出力が更新されるとコンプレッサーは信号のゲインを調整することを速度(攻撃と呼ばれる)は、典型的には、調整可能です。

コンプレッサー·アプリケーションは、客観的なシステムの設計基準からプログラム材料およびエンジニアの嗜好の差異によって決定主観的なアプリケーションに広く変わる。いくつかのシステムの設計基準は、コンポーネントの保護と利得構造制御のためのリミッタを指定します。芸術的な信号操作は広く明瞭性を向上させたり、創造的にプログラム素材の関係で信号を変更するミックス·エンジニアが利用する主観的なテクニックです。芸術的な圧縮の例は、モダンロックのドラムキットのさまざまなコンポーネントに使用される典型的な重い圧縮です。ドラムはもっとパンチの効いたとフル鳴っとして知覚されるために処理されます。

野外コンサートでのFOHの位置で処理ラック。

音響 照明 舞台・ ノイズゲート

ノイズゲートはそれが静かである場合、それは信号を通過させません、それは音量が ​​大きい場合、それはゲートを開いしきい値を設定します。ノイズゲートの機能は、ある意味でコンプレッサーとは逆である。ノイズゲートは、mikedエレキギターアンプや大臣の表彰台の上に書類のカサカサのハムなどのプログラムに関連していないノイズを拾うマイクのために有用である。

ノイズゲートはまた、多くのハードロックとメタルのバンドでドラムキットのドラムの近くに置かマイクを処理するために使用されます。ノイズゲートがなければ、そのようなフロアタムなどの特定の楽器用のマイクも近くにドラムやシンバルからの信号をピックアップします。ノイズゲートと、ドラムキットの各マイクの感度のしきい値は、ドラムの唯一の直接攻撃とその後の崩壊が近くの音ではなく、聞かれるように設定することができます。

音響 照明 舞台・ 影響

残響や遅延効果が広くプログラム材料の所望の芸術的影響とのミックスを強化するためにサウンド強化システムで使用されます。などのモジュレーション·エフェクトフランジャー、フェイザー、そしてコーラスはまた、いくつかの金融商品に適用されます。励振器は、ダイナミックイコライザ、位相操作と一般的に高周波信号の高調波合成を適用することにより、オーディオ信号の音を"アップlivens"。

適切なタイプ、バリエーション、エフェクトのレベルは非常に主観的であり、多くの場合総称生産のエンジニア、アーティスト、音楽監督で決定されます。リバーブは、例えば、小部屋から大規模なスタジアムには何で、あるいは物理的な世界に存在しない空間に存在している信号の影響を与えることができます。それは頻繁に信号がドライのままにされていた場合よりも、より自然に聞こえるようにリバーブの使用は、多くの場合、観客が見過ごされて行く。[ 11 ]現代音楽の再生時にエフェクトを使用すると、スタジオの音を模倣しようとする試みであることが多いアーティストの音楽のバージョン。

音響 照明 舞台・ パワーアンプ

パワーアンプは、低電圧レベル信号をブーストし、スピーカーを駆動するための電力を提供します。すべてのスピーカー、ヘッドフォンなど、アンプによって、低レベル信号の電力増幅を必要とします。ほとんどのプロオーディオアンプもオーバードライブ信号、出力の短絡回路、過温度からの保護を提供します。リミッターは、しばしば過負荷状態からスピーカーやアンプを保護するために使用されます。

ほとんどのサウンド強化機器製品と同様に、専門のアンプは標準内に搭載されるように設計されている19インチラック。多くのパワーアンプは、内部ファンがヒートシンク全体に空気を描画しています。彼らは大量の熱を発生させることができるので、熱放散は、装置ラックにアンプを取り付けるときに考慮する必要がある事業者にとって重要なファクターである。[ 12 ]アクティブ·ラウドスピーカーは、使用に最適なアンプであることがメーカーによって選択された内部に取り付けられたアンプを備えてい与えられたスピーカーである。

1970年代と1980年代に、ほとんどのPAアンプが重かったAB級アンプ。PAアプリケーションで、1990年代後半の電力増幅器に起因するスイッチング電源との使用の増加に軽く、より小さく、より強力でより効率的になっているD級アンプ著しい重量とスペースの節約だけでなく、増加した効率を提供し、。鉄道駅、スタジアや空港でのインストールでは、その高い効率は、それらを最小限の追加冷却しながら、古いアンプに比べて高いラック密度と実行することができます。

デジタルクロスオーバー機能、圧縮、制限、および単一のユニットの他の機能を組み合わせたデジタルスピーカーマネジメントシステム(DLMS)は、それらの導入以来、人気となっている。彼らはそれミキシングコンソールとルートから使用されている各種のアンプにミックスを処理するために使用されます。システムはいくつかのスピーカー、特定の周波数範囲(すなわち、低音、中音域と高音域)用に最適化され、独自の出力を持つそれぞれを含んでもよい。バイ、トリ、またはクワッドは、各アンプにはそれぞれのスピーカーのための適切な周波数のみを送信することにより、アンプのパワーをより効率的に使用することDLMS結果の側近とサウンド強化システムを増幅する。非専門家による使用のために設計されているほとんどのDLMSユニットは、次のようなキャリブレーションやテスト機能があるピンクノイズと連結された発電機リアルタイムアナライザ自動ルーム·イコライゼーションを許可するようにします。

パフォーマンス設定で使用される増幅器の電力量は、所望の音圧レベルのパフォーマー、会場は屋内または屋外でされているかどうか、競合するバックグラウンドノイズの有無など、さまざまな要因に依存します。次のリストでは、さまざまな設定で使用される増幅器の電力量の大まかな "経験則"を与える:

"小規模ヴォーカル"システム - 約500ワット

"大ボーカル"システム - 約1,000ワット

"スモールクラブ"システム - について9000ワット

"大クラブ"システム - について18000ワット

"小さなスタジアム"システム-約28,000ワット[ 13 ]

音響 照明 舞台・ 出力トランスデューサ

音響 照明 舞台・ メインスピーカー

独立した潜水艦と小さい側を持つ大規模なラインアレイは、ラインアレイを埋める。

シンプルで安価なPAのスピーカーはシングルフルレンジがある可能性がありますスピーカードライバ適切な筐体に収容されて、。より手の込んだ、プロの口径のSRスピーカーは、低、中、および高生産する個別のドライバを組み込むことができる周波数の音を。クロスオーバーネットワークは、適切なドライバに異なる周波数をルーティングします。1960年代には、ホーンロードされた 劇場のスピーカーとPAスピーカーは、ほとんどの場合、背の高いエンクロージャ内の垂直線に取り付けられた複数のドライバの"列"であった。1980年代前半、1970年代には多くのSR各社が独自のスピーカーを設計するとスピーカーデザインの革新の時代であった。基本的なデザインは、一般的に知られているデザインに基づいており、スピーカーコンポーネントは、商業スピーカーであった。技術革新の分野では、キャビネットデザイン、耐久性、梱包、輸送の容易さであって、セットアップの容易さ。この期間はまたハングアップや大型コンサートでメインスピーカーの"フライング"の導入を見た。1980年代には大型スピーカーは1970年代の技術革新を使用して、標準的な製品の生産を開始し製造しています。これらは2つの方法の12を搭載したシステム"、15"、またはダブル15 "ウーファーとほとんど小さかった高周波ドライバ高域ホーンに取り付けられた、1980年代はまた、健全な補強の市場に焦点を当てたスピーカー会社のスタートを見て、1990年代に見たの導入ラインアレイ小さいキャビネットとスピーカーの縦に長い配列は効率性を高め、均一な分散と周波数応答を提供するために使用され、この期間はまた三脚スタンドに取り付けられた安価な成型プラスチックスピーカーエンクロージャーの導入を見た多くの機能が内蔵されてセットアップすると正常に動作するように、非専門家のためにそれらは実用化のパワーアンプ。これらの単純な"パワードスピーカー"から入手できる音質が広く実装によって異なります。

多くのサウンド強化スピーカーシステムは、過大な電力やオペレータの操作ミスによる被害を防止するため、保護回路を内蔵しています。正温度係数抵抗器、特殊な電流制限用電球、回路ブレーカは、ドライバの障害を減らすために、単独で、または組み合わせて使用した。同じ期間に、プロのサウンド強化業界はノイトリック製スピコン 1/4 "ジャック、交換、標準入力コネクタNL4とNL8コネクターをXLRコネクタと、キャノン、現在のすべての15アンペアの最大値に制限されているマルチピンコネクタを使用します。 XLRコネクタはまだアクティブスピーカー·キャビネットに標準入力コネクタです。

3つの異なるタイプのトランスデューサは、アールサブウーファー、コンプレッション·ドライバー、ツイーター。彼らはすべての組み合わせを備えてvoicecoil、磁石、コーンまたはダイアフラム、フレームまたは構造を。ラウドスピーカーは、電力定格(でありワットユーザーがそれらを圧倒避けるのを助けるために、彼らの最大電力容量を示します)。の努力のおかげでオーディオ技術学会(AES)とスピーカー産業グループのALMA、パワー処理の仕様は、EIA-426-B規格が一般的と言うには程遠いですの採用が、より信頼できるようになった。1990年代半ばの周りに台形のこの形状は、それらの多くは簡単に一緒に配列することが許容されているように形のエンクロージャが普及するようになった。

多くの企業は現在、パワードに音楽(エレキベース、バスドラム等)の低周波部品を配線小さな会場のための軽量、ポータブルスピーカーシステム作っているサブウーファーを。セパレートアンプとサブウーファーに低周波エネルギーをルーティングすることは実質的にシステムの低音レスポンスを向上させることができます。全体の音のスペクトルのための唯一のシングルアンプで、消費電力の大きい低周波音は、サウンドシステムの力の不均衡な量を取ることができ、低周波音が増幅する大きな力がかかるので、また、透明度は、強化することができる。

プロのサウンド強化スピーカーシステムは多くの場合であっても音のカバレッジを提供し、パフォーマンスの会場内の視線を最大化するために、ステージ領域の上にそれらを "飛ぶ"ための専用のハードウェアが含まれています。

パフォーマンスで使用スピーカーエンクロージャーの数は大いに異なりますが、以下のリストは、典型的な会場で使用されているどのように多くのキャビネットの大まかなアイデアを与える:

"小規模ヴォーカル"システム - 2つのフルレンジスピーカーは、三脚スタ​​ンドにマウント。

"大ボーカル"システム - 広域カバレッジフォーフルレンジスピーカー。

"スモールクラブ"システム - 2つのサブウーファーと2ミッド/ハイスピー​​カー。

"大クラブ"システム - フォーサブウーファーと4ミッド/ハイスピー​​カー。

"小さなスタジアム"システム-フォーサブウーファー、4半ば低音スピーカー、4ミッド/ハイスピーカー。[ 13 ]

音響 照明 舞台・ モニタースピーカー

モニタースピーカーも'フォールド"と呼ばれるスピーカーは、演奏者が自分の歌や演奏を聞くために助けるために使用されているステージ上のスピーカー·キャビネットです。このように、モニタースピーカーは演奏者やステージの部に向かって尖っている。彼らは一般的にメインスピーカーシステムに送信されるミックスよりも、ボーカルや楽器の異なるミックスが送られています。モニター·スピーカー·キャビネットは、ステージの床の上にセットパフォーマーに向けて、それらの出力を上に向けること、頻繁にくさび形です。モニタースピーカーがステージ上のスペースを節約するために小さくする必要があるとして、双方向、デュアルドライバの設計は共通しています。彼らは唯一のスピーカーに比較的近接している少数の人々のためのサウンドを提供する必要があるとして、これらのラウドスピーカーは、通常、メインスピーカーシステムよりも少ない電力と容積を必要とする。一部のメーカーは、小さなPAシステムのコンポーネントとして、またはモニター·スピーカーのいずれかとして使用するためのスピーカーを設計しました。

耳にモニタースピーカーを使用する代わりに、典型的には彼らの前に出演者のためのより多くのフィードバックの問題とプログレッシブ聴覚障害につながることができるステージ·ボリュームの増加の結果、監視している。[ 14 ]ステージ上の演奏者用のミックスの明瞭であるまた、典型的にはしないように明確な彼らは彼らの周りから多くの無関係なノイズが聞こえるように。アクティブまたはパッシブモニタースピーカーの使用は、さらに雑然とした段階で、その結果、ステージ上でより多くのケーブル配線やギアを必要とします。これらの要因は、とりわけ、インイヤーモニターの人気の高まりにつながっている。

音響 照明 舞台・ インイヤーモニター

ユニバーサルフィットのペアは、インイヤーモニター。この特定のモデルはEtymotic ER-4Sです

インイヤーモニターにはライブパフォーマーでモニターとして使用するために設計されたヘッドフォンです。彼らはどちらか"ユニバーサルフィット"や"カスタムフィット"のデザインです。イヤーモニターでユニバーサルフィットは、事実上誰の耳に挿入することができ、ゴム又は発泡ヒントを備えています。イヤーモニターでのカスタムフィットはによって行われているユーザーの耳の印象から作成されたオーディオロジスト。インイヤーモニターは、ほとんどの場合、演奏者が自由に自分のモニター·ミックスを維持しながら、ステージを動き回るすることができ、無線伝送システムと組み合わせて使用されます。

インイヤーモニターは、モニター·エンジニアが演奏者のためのはるかに正確かつ明確なミックスを作ることができることを意味し、それらを使用して演奏者のためのかなりの分離を提供します。この分離の欠点は、演奏者がマイクを持っていないステージ上で観客や他の出演者を聞くことができないということです。これは、送信するインイヤーモニターにミックスされ観客が直面しているステージのそれぞれの側にマイクのペアを設定することによって、より大きな生産することで改善されています[ 14 ]

1980年代半ばの発売以来、インイヤーモニターは大型ツーリング行為のための最も人気のあるモニタリングの選択肢となるまでに成長しました。ステージ上の楽器のアンプに比べて他のスピーカーの低減または除去は、家の正面とモニター·エンジニアの両方の掃除機と問題の少ないミキシング状況を可能にした。フィードバックは、管理が容易になり、家エンジニアの前面が作成しようとしてミックスの明瞭さに影響を与える聴衆にステージの後ろの壁を反射する小さい音があります。

音響 照明 舞台・ アプリケーション

サウンド強化システムは、異なる課題があり、それぞれが異なった設定の広い範囲で使用されています。

音響 照明 舞台・ レンタルシステム

オーディオビジュアル(AV)レンタルシステムは、大量の使用、さらには賃借人からの虐待に耐えることができなければならない。このため、レンタル会社は重くブレースとスチールの角で保護されており、そのようなパワーアンプやエフェクトなどの電子機器は、多くの場合、道路の保護ケースに搭載されているアールのスピーカーキャビネットを所有する傾向があります。同様に、レンタカー会社は、スピーカ保護回路とアンプのリミッターなどの電子保護機能を装備しているギアを選択​​する傾向がある。

同様に、非専門家のためのレンタルシステムは使いやすいものと設定し、彼らが借りる会社のために修理やメンテナンスが容易である必要がありますする必要があります。このような観点から、スピーカー·キャビネットは修理または交換を行うことができるように、簡単にアクセスできるホーン、スピーカー、クロスオーバー回路を持っている必要があります。いくつかのレンタカー会社は、多くの場合、セットアップと使用が容易である非専門家による使用のためにパワーアンプ、ミキサー、内蔵エフェクトとミキサー、パワードサブウーファーを借りる。

多くのツーリング行為や大きな会場企業のイベントには、通常借りる会社とスタッフのオーディオエンジニアを含む大規模なSRシステムをレンタルします。ツアーのレンタルシステムの場合、レンタル会社からいくつかのエンジニアや技術者は、通常、そこにあることをバンドの制作クルーが使用するために機器をセットアップし、校正する行為とのツアー。実際に彼らはショーの様々な側面に精通しており、彼らがショーを鳴らす方法の一般的な考え方を確立する行為と働いている人でとして行為はしばしば、バンドによって選択されて提供される個々のミックス。時には行為のミキシングエンジニアは、ツアー用のギアを提供するように選択レンタル会社とスタッフであることを起こる。

音響 照明 舞台・ ライブミュージッククラブ

DigidesignのD-Showのプロフィールライブデジタルミキサーとコンピュータのモニタを持つフロント·オブ·ハウス·サウンド·エンジニア。

前者に至るまで、クラブとして使用されている会場のような大規模な様々ながあるので、ライブミュージッククラブの健全な補強のセットアップは通常、独自の課題を提起する倉庫や音楽劇場コンクリートの壁のある小さなレストランや地下のパブには。いくつかのケースでは、クラブは、バルコニー付きの多階の会場で、またはそれが難しい視聴者全員のために一貫したサウンドを得ることになり、 "L"字型の客室で収容されています。解決策は、使用するフィルインスピーカー聴衆は異なる時間に同じ音が聞こえないようにするために遅延を使用して、良好なカバレッジを得ることである。

ライブミュージッククラブのサウンドシステムを設計のもう一つの問題は、サウンドシステムによって演奏録音済みの音楽の両方に使用される必要があるかもしれないということですなDJやライブ音楽。サウンドシステムは、あらかじめ録音されたDJの音楽のために最適化されている場合、それは適切な音楽の生演奏に必要な音質(または混合し、機器の監視)、およびその逆を提供することはありません。最後に、ライブミュージッククラブは空気が、高温多湿、そして煙たいかもしれないという点で、サウンドギアの敵対的な環境であることができ、いくつかのクラブで、クールなパワーアンプのラックが課題かもしれません維持。しばしば単にアンプ用空調室が利用される。

音響 照明 舞台・ 教会音

スピーカーはアンティーク木工細工に溶け込むように目立たないようしなければならないので、教会と同じような宗教的な施設でシステムを設計することは、多くの場合、課題となっています。いくつかのケースでは、オーディオ設計者がスピーカーは教会建築に調和するように、カスタム塗装のスピーカーキャビネットを設計しました。などの一部の教会施設、聖域や礼拝堂は、追加のフィルインスピーカー良好なカバレッジを与えるために部屋全体に必要とされていることを意味する低い天井との長いお部屋です。教会のSRシステムとのさらなる課題は、いったんインストールされると、彼らはしばしば、彼らが実行し、トラブルシューティングが容易でなければならないことを意味会衆からアマチュアのボランティアによって運営されている、ということです。

礼拝堂のために設計されたいくつかのミキシングコンソールは、ノイズを低減するために使用されていないチャンネルを下げて自動ミキサー、およびフィードバックしている周波数を検出し、ノッチアウト自動フィードバック除去回路を備えています。これらの機能は、コンベンション施設、多目的会場で使用されるマルチファンクションコンソールで入手できる場合があります。

音響 照明 舞台・ ツーリングシステム

ツーリングサウンドシステムは、しばしば多くの異なったサイズおよび形のある、強力なおよび多くの別々の部屋をカバーするのに十分な汎用性がなければならない。彼らはまた、ツアー中に修理のために簡単にアクセスできますスピーカー、ホーン、ヒューズなどの "現場交換可能"コンポーネントを使用する必要があります。ツアーのサウンドシステムは、多くの場合、機器の故障やアンプが過熱した場合に、システムは機能し続けますので、かなりの冗長性機能を使用して設計されています。数千人の群衆のために行う行為のためのシステムをツーリングまで一般的に設定し、すべてのショーに才能と一緒に旅行、技術者やエンジニアのチームによって運営されています。

それが手元にコンサート全体システムと制作スタッフとハイテクリハーサルの1〜2週間のスケジュールを設定するために彼らのツアー中に大規模な会場に半ばに実行しようとしている主流の行為は珍しいことではありません。これは、オーディオや照明のエンジニアがショーに精通し、必要な場合は、showの各部分のために彼らのデジタル機器のプリセットを確立することができます。多くの現代音楽グループは、その議院の彼らのフロントと協力し、彼らの一般的な考え方はショーがステージ上で自分自身のためと観客の両方にとって、聞こえるべきかであるものを確立するために、この時間の間にミキシングエンジニアを監視します。これは多くの場合、プログラミングのさまざまなエフェクトや曲はスタジオバージョンに多少似て聞こえるようにする試みで、特定の曲で使用するための信号処理を伴います。この種の変更の多くのショーを管理するには、ショーのミキシングエンジニアは、多くの場合、使用することを選択したデジタルミキシングコンソールを、彼らはそれぞれの曲の間に、これらの多くの設定を呼び出すことができるように。この時間は、ツアーで使用されるために行くとそれがどのように音響的にショーの間に応答された歯車の具体的な組み合わせに慣れるために、システム技術者によって使用されます。これらの技術者がSRシステムが正常に動作しているシステムは、部屋の音響応答は、温度、湿度に応じて、一日を通しての応答が異なるように、適切にチューニングされ、そして人々の数であることを確認して、ショーの間にビジー状態のまま部屋。

週末のバンドのPAシステムはツーリングSRのギアのためのニッチ市場である。週末のバンドはミニバンや車のトランクに収まるほど小さく、そして騒々しいクラブやバーでも十分な音と分散とボーカルの明瞭度を与えるのに十分でありながら強力なシステムを必要としています。同様に、システムは、簡単かつ迅速に設定するようにする必要があります。健全な補強会社は、 "アンプ·ミキサー"(統合されたパワーアンプやエフェクトをミキサー)とパワードサブウーファー(統合されたパワー·アンプとクロスオーバーを持つサブウーファー)など、複数の役割を果たす機器を提供することにより、この需要に対応してきました。これらの製品は、バンドがシステムを設定するために持っている配線接続の量を最小限に抑えることができます。いくつかのサブウーファーは、スタンド取り付けフルレンジPAスピーカーキャビネットのベースを兼ねることができるように、上部に内蔵スピーカーのマウントを持っています。

音響 照明 舞台・ ライブシアター

ライブ劇場、オペラ劇場、および他のアプリケーション用のドラマチックなサウンドは、劇場のスピーカーと配線は木工と調和することが必要な場合があり、古い歴史的な建物である場合には、教会と同様の問題を引き起こす可能性があります。一部の劇場で明らかに視線の必要性は、定期的なスピーカー·キャビネットの使用は容認できないことがあり、その代わりに、スリム、ロープロファイルのスピーカーが頻繁に代わりに使用されます。

ライブシアターやドラマでは、パフォーマーがいることを意味し、ステージ上で動き回るワイヤレスマイクが使用されなければならないかもしれません。ワイヤレスマイクが干渉し、受信の問題を回避するために、セットアップおよび適切に維持する必要があります。

高い予算シアターショーやミュージカルの一部はしばしばショーのミキシングエンジニアによる音楽との対話と混合されている効果音をトリガーショーの音響オペレーターで、サラウンドサウンドライブで混合される。これらのシステムは、通常、劇場内の別のゾーンのスピーカーのセットを別々にかかわって、通常デザインにはるかに広範囲です。

音響 照明 舞台・ クラシック音楽とオペラ

というサウンド補強の微妙な型音響増強は、そのような交響曲やオペラなどのクラシック音楽が行われたいくつかのコンサートホールで使用されています。音響強化システムは、より均一なサウンドホール内を与えるとして観客席の"デッドスポット"を防ぐのを助ける"... [る]ホールの本質的な音響特性を強化します。" システムの使用"...コンピュータに接続されたマイクのスピーカーアレイのアレイに接続されている[です]。" コンサートには、これらのシステムの使用に気付いてきたように、 "純粋主義者は与えられたホールで[クラシック]声[または]楽器の自然なアコースティック·サウンドが変更されるべきではないと主張している...。"しかし、議論は、生じている[ 15 ]

原田甲斐の記事Operaのダーティリトルシークレット[ 16 ]のオペラハウスは、電子音響強化システムを使用し始めていると述べている"...会場の音響アーキテクチャの欠陥を補うために。" operagoers間で発生した騒動にもかかわらず、 "音響強化システムを使用してオペラハウスのどれも出原田ポイントは...で ​​はないすべての歌手がラジオマイクが装 ​​備されている場合、ほとんどのにミックスした、伝統的な、ブロードウェイスタイルのSRを使用劇場に点在見苦しいスピーカーのシリーズ。 " 代わりに、ほとんどのオペラハウスは、音響向上のための拡声装置を使用し、微妙なために舞台裏の声、ステージ上の対話、そして効果音(例えば、ある教会の鐘の昇圧トスカワーグナーのオペラでや雷)。

音響強化システムが含まれるラレス(レキシコンアコースティック強化と強化システム)及びSIAP、音響性能の改善のためのシステム。これらのシステムは、 "遅延、位相、周波数応答の変化に"マイク、コンピュータ処理を使用し、信号を送る"...パフォーマンス会場の先端に配置されたスピーカーの多数に。" 別の音響強化システムは、VRAS(可変ルームの音響システム)が使用されます"...別のアルゴリズムを部屋の周囲に配置マイクに基づいています。" ベルリンのドイツ国立歌劇場、トロントでハチドリセンターはラレスシステムを使用しています。ロサンゼルスのアーマンソン劇場、ロンドンの王立国立劇場、ニューヨーク市でビビアンボーモント劇場はSIAPシステムを使用しています[ 17 ]

音響 照明 舞台・ 講義室や会議室

講義室や会議室は、反射、持っていることが大きなホールにはっきりとスピーチを再現するという課題ポーズエコー生産面を。いくつかの会議では、サウンドエンジニアは、パネル会議や議論の場合には、多数の人々のためにマイクを用意しなければなりません。いくつかのケースでは、自動ミキサーはマイクのレベルを制御するために使用されます。

音響 照明 舞台・ スポーツサウンドシステム

屋外スポーツ施設、アイススケート場のためのシステムは、多くの場合、音声が判読できないことができます実質的なエコー、対処する必要があります。スポーツとレクリエーションのサウンドシステムは、しばしばこのような屋外スタジアムやで耐候性屋外スピーカーの必要性としてだけでなく、環境問題に直面している湿度スイミングプールとスプラッシュ耐性スピーカー- 。

音響 照明 舞台・ の設定とテスト

大規模なSRシステムは、設計、設置、およびオーディオエンジニアやオーディオ技術者によって運営されています。新たに構築された会場の設計段階では、オーディオエンジニアが提案された設計のスピーカーに対応し、健全な技術者やオーディオ機器のラックに適切なスペースを提供することを保証するために、建築家や請負業者と連携。サウンドエンジニアは、オーディオコンポーネントは最高の空間とその使用目的に合うかたアドバイスを提供し、正しい配置し、これらのコンポーネントがインストールされていることになります。インストール·フェーズ中に、サウンドエンジニアは、ハイパワーの電気部品は、安全にインストールして接続され、天井や壁がスピーカーが正常に(または"飛行")マウントされてマウントされていることを確認談合。サウンド強化したコンポーネントがインストールされると、サウンドエンジニアは、そのサウンド·プロダクションは、周波数スペクトル全体にさえなりますように、システムをテストして、キャリブレーションを行います。

音響 照明 舞台・ システムテスト

サウンド強化システムが正確にどんな着色や歪みのない、その出力には、任意の処理を経て、その入力からの信号を再現することができるはずです。しかし、会場の大きさ、形状、建築材料、さらに群衆密度の不整合が原因で、これは、システムの事前のキャリブレーションすることなく常に可能とは限りません。これは、いくつかの方法のいずれかで行うことができます。

システムの最も古い方法校正は、健康な耳のセット、テスト·プログラム材料(すなわち音楽や音声)、グラフィックイコライザー、そして最後が、確かではない以上、適切な(またはdesired)周波数応答に精通していることが含まれます。一つは、その後、システムを介してプログラム素材に耳を傾け、顕著な周波数変化または共鳴のノートを取る、と微妙にイコライザを使用してそれらを修正する必要があります。経験豊富なエンジニアが、通常は音楽の特定のプレイリスト、彼らは非常に精通したシステムをキャリブレーションするたびに使用。このプロセスは、まだシステムが音楽やシステムを介して再生音声で聞こえるかの最終チェックとして、分析装置を用いた場合であっても、多くのエンジニアによって行われます。

手動校正のもう一つの方法は、入力信号にパッチ高品質のヘッドフォンが必要です前に任意の処理(例えば、ミキシングコンソールのテストプログラムの入力チャネル、またはCDプレーヤーのヘッドホン出力のプリフェード聴いたりなどテープデッキ)。一つは、周波数応答の違いを見つけると完璧に近いリファレンスとして直接信号を使用することができます。この方法は完璧ではないかもしれませんが、それはそのような群衆の到来による応答の変化を補正するためにプレショーの音楽を使用するなど、限られた資源や時間が非常に役立つことがあります。[ 18 ]

これはまだキャリブレーションの非常に主観的な方法であるため、人間の耳は、独自の応答でとても動的であるため、テストのために使用されるプログラム材料はシステムが使用されているものとできるだけ同じにする必要があります。

の開発以来、デジタル信号処理(DSP)、マイクロプロセッサ上で実行するソフトウェア·アルゴリズムに人間の聴覚の解釈からシステム·キャリブレーションの作業の大部分をシフトするために設計された機器及びコンピュータソフトウェアの多くの部分がありました。

DSPやアナログ信号処理のいずれかを使用してサウンドシステムを較正するためのツールの1つであるリアルタイムアナライザー(RTA)。このツールは、通常配管で使用されているピンクノイズをシステムにし、RTAに接続されている特殊なキャリブレーションマイクを使って結果を測定する。この情報を使用して、システムが所望の応答を達成するために調整することができます。分析はマイクがシステムの前に別の位置に配置されている場合、時には大幅に、異なるものになりますように、RTAマイクからの応答が表示された部屋の完璧な表現として解釈することはできません。

さらに最近では、サウンドエンジニアは、デュアルFFT(高速フーリエ変換)エンジニアが周波数対振幅(ピッチ対体積)RTAが提供する情報だけでなく、表示することができますベースのオーディオ解析ソフトウェアの導入を見てきましたが、また見たいタイム·ドメインで同じ信号(音)。これはRTA単独よりもはるかに意味のあるデータをエンジニアに提供します。また、デュアルFFT解析は、1つの出力信号とソース信号を比較し、相違点を表示することができます。これは、できるだけ近くに、元のソースの材料に聞こえるようにシステムを較正するための非常に高速な方法です。そのような測定ツールと同様に、それは常に実際の人間の耳を使用して検証する必要があります。

一部のDSPシステム処理装置は自動的にEQのRTAマイクから読み取られているものに基づいて、システム内の調整を行うことが、非専門家による使用のために設計されています。彼らはシステムだけでなく、プロのオーディオエンジニアが手動でキャリブレーションすることができますほとんどないので、これらは実質的に、専門家によって使用されることはありません。








常夜灯、常夜燈(じょうやとう)とは一晩中つけておく明かりのこと。転じて街道沿いなどに設置されている建造物のことも指すようになった。 建造物としての常夜灯[ 九州 福岡 音響 照明 舞台 ]  湯郷温泉にある常夜灯 夜道の安全のため、街道沿いに設置されている常夜灯は、...
照明デザイナー(しょうめい-、英: Lighting designer)とは、照明に関する知識を利用して特殊な空間を光で演出する職業である。 目次  [非表示]  1 概略 1.1 環境照明デザイン (狭義の照明デザイナー) 1.2 演出照明デザイン 1.3 照明器具デザイン(...
照明技術者(しょうめいぎじゅつしゃ、英: Lighting technician)とは、公益社団法人日本照明家協会の、舞台・テレビジョン照明技術者技能認定制度により認定される資格である。 日本映画の照明技師 ⇒ 照明技師 アメリカ合衆国等の照明技術者 ⇒ ガッファー (英: Gaffer) 目次...
照明技師(しょうめいぎし)は、映画を中心とした映像製作における撮影の分野での照明の設計・表現を行う職能における総責任者(英: Lighting designer、Master electrician)である。映画製作のシステムは国によって異なり、本項では、とくに日本の照明技師について詳述する。...
色域(しきいき、英: gamut, color gamut)は、コンピュータグラフィックスや写真などでの色のサブセットである。特定の色空間や特定の出力機器など、与えられた状況で正確に表現できる色のサブセットを指すことが多い。また、特定の画像に使われている色の完全なセットを指すこともある。この場合、...
殺菌灯(さっきんとう)は、殺菌力を持つ波長域の光線を照射する光源の総称。 蛍光灯タイプのものが一般的。蛍光物質がない蛍光灯と考えればよい。蛍光物質がないので水銀の発光が、可視光線に変換されることなくそのまま外部に照射される。 殺菌力を持つ波長域というのは紫外線のことを差す。水銀のスペクトル線のうち...
高欄照明(こうらんしょうめい)は、ポール照明方式が採用できない場所において、橋梁の高欄や道路の側壁といった低位置に直接照明器具を取り付けて道路を照らす方式。 目次  [非表示]  1 概要 1.1 長所 1.2 短所 2 主な採用例 概要[ 九州 福岡 音響 照明 舞台 ]...
眼科の分野では、高エネルギー可視光線(HEV light: high-energy visible light)とは、可視光線の高周波側の光で、分光分布の波長で言うと380nmから530nmの紫~青色の光を指す[1]。HEVは加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)[2][3]...
鏡面ハイライト(きょうめんハイライト)は、光源からの光が光沢のある表面に反射して見える、光源の鏡像である。表面ハイライト (surface highlight)、曲面ハイライト、(球面の場合は)球面ハイライト、(眼球の場合は)眼球ハイライト、または単にハイライトともいう。 光源が点光源で、...
街路灯(がいろとう)とは、デザイン性を高めた街灯の一種である。 太陽光発電機と風力発電機を備えた街路灯の一種(北海道稚内市) 概要[ 九州 福岡 音響 照明 舞台 ]  広義の街路灯は街灯全般を指すが、狭義の意味は防犯灯等のデザイン性を高めた街灯のことになっている。...
外構(がいこう)とは、居住、生活する建物の外にある構造物全体を指す言葉である。それには門、車庫、カーポート、土間、アプローチ、塀、柵、垣根、などの構造物、それに植栽、物置、また後述する関連品も含まれる。 目次  [非表示]  1 概要 2 外構の種類 2.1 クローズド外構 2...
オノコード(Onochord)とは、前衛芸術家であるオノ・ヨーコによる芸術作品の一つ。 解説[ 九州 福岡 音響 照明 舞台 ]  2004年のDream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴから観客全員に配布(チラシに同封)されている。...

舞台音響

舞台音響(ぶたいおんきょう)とは、舞台を「音」や「音楽」によって演出すること及びその人のことです。
狭い意味では、演劇やミュージカルなどにおいてシーンに効果音やBGM(バック・グラウンド・ミュージック)を加えること、またはそういった作業をする人(スタッフ)。多く「音響」と言われます。広い意味では、舞台上において肉声以外の、マイクやミキシング・コンソール、アンプなどを通してスピーカーから流す音に関する事柄全般。コンサート、トークショーなどにおいて、観客に人の声や楽器の音などを放送すること、またはその設備を表すこともある。映画の音響効果、または音響・録音の仕事を「舞台音響」と表現することはまずありません。

演出としての舞台音響
演劇等の舞台音響は、聴覚効果による演出を具現化するためのものであります。ある意図をもって音が入れられ、流され、消されるのが舞台音響であり、役者が発する音も、流される効果音や曲との関係においては音響の範疇中といえます。これより後、特に明記がない場合は演劇における舞台音響のことです。

スタッフとしての舞台音響
音のプランニング、デザインの作業をする人(プランナー・デザイナー)
本番中に機材を操作する人(オペレーター)
音の響きや音響機材の管理、プランナーの技術面の補助を行う人(エンジニア)
裏方として3つに大きく分けられます。作業を分担する場合もあれば、1人で行うこともあり、舞台照明や舞台監督の知識があり、兼務する場合もあります。

プランナー
音を入れるタイミング、入れ方、流している最中の音量、音質、音像、消し方を決めていくのがプランニングの基本です。ただそれだけではなく、プランニングに伴う音の加工・編集、音像定位、移動など、技術的な知識も必要な場合があります。上記のようなことをオペレーターやエンジニアとの共同作業で行います。舞台照明等とコミュニケーションを取る必要が多いセクションでもある。

オペレーター、エンジニア、PA 
オペレーター、エンジニアとしての音響スタッフを、電気的な音響拡声装置を意味するPA(Public Address)と呼ぶと喜びます。ミキシング・コンソールを中心とした、各々の演奏をまとめ、処理をする仕事を、楽器の演奏者たちと区別して用いることが多いです。特にプロにおいてオペレーターはエンジニア的仕事を兼ねることが多いです。

オペレーションは、舞台の演出や役者の出来、観客の雰囲気等を考慮しながら、公演の度ごとに最も良い音量等を選択する作業です。音の物理的な性質や機材の音の再現特性を理解していなければ、意図した演出、心地良い空間を構築することができない。特に舞台においては録音と異なり、マイクロフォンとスピーカが近接しているために両者の間で集音と増幅を繰り返して一部または広範な周波数帯で発振現象(ハウリング)を起こすと言う普遍的な問題があるため、仕込みおよび演奏中において機敏に対処する能力が不可欠です。さらに電子楽器やケーブルなどの性質を知らないと、機材が壊れたり、ケーブルから火が出ることもあるため、専門的な知識が必要になります。

舞台照明

照明(しょうめい)は、各種光源を利用して、何らかの目的をもって特定の場所を明るくする行為や機能のことです。夜間や暗所での視環境を良くしたり、光を利用して空間のイメージに変化を加えるために用いられる事が多いです。舞台や映画撮影、写真撮影ではライティングと呼ばれることが多く、照明をデザインする職業を照明デザイナーまたはライティングデザイナー、撮影監督と呼ぶことも多い。

照明方式
光源と作業面との関係で、次の3つに分類される。

直接照明
光源からの直接光で作業面を照らすもの。一番効率が良いが、照度が不均一になりやすく、まぶしさを感じて目が疲れやすい場合がある。

間接照明
光源からの直接光を使用せず、壁面・天井面などで反射させてから作業面を照らすもの。効率は悪くなるが、照度を均一にしやすく、雰囲気のある照明が可能である。

半間接照明
直接光と反射光を組み合わせて作業面を照らすもの。
また、作業面と室内の他の部分との関係で次の3つに分類される。

全般照明
室内全体を均一の照度になるように、一定の間隔で照明器具を配置するもの。

局部照明
作業に必要な部分のみ照明を行うもの。省エネルギーの効果があるが、照度が不均一になるため目が疲れやすくなる。

全般局部併用照明
全般照明と局部照明を併用するもの。

舞台

舞台(ぶたい)とは、演劇やダンス、伝統芸能や演芸など、舞台芸術の表現者が作品を演じるための、一定の空間になります。転じて、舞台芸術に属する作品のジャンルを指し「舞台」と呼ぶこともあります。また、演壇などの、舞台に類似する機能をもった一定の空間や機構を指し、舞台と呼ぶことがある。
ここから派生して、特定の人物や集団が盛んに活動を展開する場を指し、抽象的な意味において、舞台と呼ぶこともあります。

株式会社ギャルソン(Garcon)

株式会社ギャルソン
本社:〒839-0863
福岡県久留米市国分町706-4

株式会社ギャルソン(Garcon)は1979年の福岡県久留米市にて創業以来、
九州、福岡県を拠点に「ハイクォリティな空間の提供」を基本理念に、業務を行って参りました。 
おかげさまで、音響・照明・映像に関するコンサート・イベント・ファッションショー・披露宴・演劇・ラジオなど様々な分野からオーダーを頂いております。
これからも、より高いレベルの「ハイクォリティな空間の提供」ができるように、音響部・照明部・ホテル委託部・ホール委託部一同ベストを尽くしております。

株式会社ギャルソンは、音響・照明・映像に関わる業務はすべて担当させていただきます。
長年にわたり、音響・照明・舞台業界に携わってきた実績と経験から製作から進行まで安心してお任せいただけます。

株式会社ギャルソン ロゴ logo

  • ギャルソン
  • Garcon
  • 音響
  • 照明
  • 映像
  • 舞台
  • 機材
  • 機材レンタル
  • 業務委託管理
  • ホテル常駐
  • 会館常駐
  • 九州
  • 福岡
  • 久留米
  • 佐賀
  • 熊本
  • 大分
  • 鹿児島
  • 宮崎
  • 山口
  • ホール
  • 結婚式
  • 披露宴
  • ディナーショー
  • 宴会
  • 展示会
  • 講演
  • 企業イベント
  • 記念行事
  • お祭り
  • 落成会
  • セレモニー
  • 発表会
  • 学園祭
  • etc...